無料ホームページ ブログ blog toravan Ver.3 bve四方山話 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bve四方山話 その2

2つの顔を持つ路線




日中の京成千葉線直通時間帯は,折返しの都合で全体的にダイヤが寝ている為,のんびりした運転でも"一応"定時運転できるようなダイヤになっていますが,それ以外の時間帯,特にラッシュ時間帯は停車時間が延びるぶん,直通時間帯よりも厳しいダイヤとなっています.

sksyoyou1.jpg


公開中のデータ('06.12.10改正時のダイヤ)より,直通時間帯の341列車と休日朝の29列車を比較すると,松戸→新津田沼の所要時間に2分程度の差がある事に気付くかと思います.
341列車と夕ラッシュ時間帯を走る155列車を比較しても,155列車のほうが早くなっています.
155列車はラッシュ時間帯を走るので混雑区間の駅停車時間が長く,29列車とほぼ同じ所要時間であっても,ダイヤがより厳しくなっている事が想像できるかと思います.
因みにそれ以前のダイヤ(日中)では,この区間を約37分で走るようダイヤが組まれていました.

直通開始と同時にダイヤに余裕を持たせた為,一見それまでよりものんびりした運転になったと思われがちですが,それはあくまでも日中の直通時間帯だけの話.
それ以外の時間帯では,以前ほどではないもののムダのない機敏な運転を見ることができます.
時間帯によって,ここまで極端に運転が変わる路線も珍しいのではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。